2014年06月02日

何かの縁・・・

バイクで走ってて、昼食をどうしようか・・・と考えてたら、以前にテレビの「人生の楽園」で紹介されてた蕎麦屋さんが近くにあることに気が付いた。
放送直後はかなり込み合ってたけど、もう1年近く経つので落ち着いてるだろう、と思って行ってみました。

篠山市今田町黒石にある「時夢館-たいむはうす-」と言うお店です。

DSC_1523[1].JPG

営業は、金〜日曜日と祝日のみです。
番組では、幼馴染の男性5人で共同経営していると紹介していました。

お客さんは2組ほどでほとんど混んでいません。
注文して、待つこと暫し、蕎麦の大盛りが届きました。

DSC_1521[1].JPG

結構細く切られた麺は、つゆに良くからみ大変おいしく頂きました。

食べ終わる頃、経営者の内の一人の奥さんだと思いましが、お蕎麦の感想や、どこから来られたかとか、なにでお店を知ったかなどさりげなく聞いて来られたのですが、最後に「何か芸術活動されてますか?」と聞かれたので、「全くやってないですよ、以前は窯元で弟子入りしてたことありますが・・・」(^^ゞ
と答えたところ、「ひょっとして、クモ男さん?」と私の名前を言われたのでビックリ!!!Σ(・ω・ノ)ノ!
「なんで、名前知ってるんですか!?」

聞くと、その奥さんは、以前私が弟子入りしていた窯元のすぐ近所で、当時は何度も顔を合わせてたようです。
しかも、私と同郷でウチのオヤジまで良く知ってるとのこと・・・そう言えば、そんな人がいた様な・・・?
余りにも突然なことだったので、なかなか記憶の整理ができません。

「今でも、窯元の方には行かれたりするの?」との言葉に、思わず絶句!!

年賀状ぐらいは出すものの、改めて顔を出すにはあまりにも年月が空きすぎて、なかなか行くタイミングをつかめないまま30年が経ってました。

今度は、ヨメも食べに連れて来ると約束し、お店を後にしたのですが、さっきの話が気になって、「コレも何かの縁だ!」と思い、そのまま昔お世話になった窯元に行くことにしました。
バイクで、10分も走れば着く距離です。
若かりし日の私が陶芸に励んでいた作業場に着きました。

作業場には、後を継いだ息子が居ましたが、突然の訪問に当然驚かれてました。
接客中だったので、その合間にお世話になった大将やおばちゃんの仏前にお線香をあげさせてもらいました。

作業場の2階が展示場となってますが、私の居た頃とはだいぶ商品の内容が変わっています。

DSC_1524[1].JPG

接客が済んだ息子と座敷で、当時の思い出話や、今の経営状況、大将やおばちゃんに黙ってこっそり悪いことをしていた懺悔をしたり・・・
いろいろ、30年間の事をお互いにしゃべりました。

当時は、師弟関係があり息子にも結構遠慮がありましたが、そういうわだかまりはもう無くなったようです。

今度は、もう少し自然体で会いに行こうと思います。

まぁ、何がきっかけになるか分かりませんが、今日は一つ晴れ晴れと知った気持ちになりました。


ラベル:グルメ そば
posted by クモ男 at 02:24| 兵庫 | Comment(0) | 今日のトーちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。