2013年05月13日

ススキノ〜

東 直己原作の映画化第2弾「探偵はBARにいる2」観て来ました。

images (1).jpg

原作は「探偵はひとりぼっち」という作品で、意外と動きの少なそうな内容なんですが、動きのあるストーリーになってました。

私としては、原作の主人公のイメージと大泉 洋がずれてる感はありますが、ま〜そこは映画のエンターテイメント性を考慮して許しましょう。

今回は、ヒロイン役の尾野真千子さんにも注目です。
関西弁で明るいキャラは、地でやってるんじゃないかと思うぐらい、馴染んでました。
原作には存在しない登場人物なんでどうつながるのかと思いましたが、全く違和感ない感じで、うまくまとまっておりました。


さ〜て、シリーズ3作目はあるんでしょうか?(^o^)/




タグ:映画
posted by クモ男 at 00:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: